法事・法要の豆知識

直葬とは

直葬(しょくそう、じきそう)と言われるお葬式の形態が増えているようです。

直葬とは、お通夜や告別式などのお葬儀にかかわる儀式を行わずに、法律ではなくなってから24時間はご遺体を安置保管することが定められています。

その後、速やかにご遺体を火葬場へ運び、火葬する葬儀です。

ごくごく近しい人、近親者だけ立ち会い、僧侶や神職と言った宗教関係者を呼ばない場合が増えているように思います。

火葬場で僧侶がお経を上げることはあります。

費用は、お棺(ひつぎ)、ご遺体を運ぶ車両代、火葬場の利用料などだけなので非常に安価です。

10万円から30万円といったところでしょうか。

従来は、経済的に厳しい方や身寄りのない方に対する福祉サービス的なところがありましたが、個人主義や核家族といいましょうか、周りの煩わしい人間関係を嫌って、葬儀に関する意識が変わり始めている影響もあり、大都市周辺では、この直葬を選択するケースが増えているように思います。

 

僧侶派遣のお申込みはこちら
050-3717-3079
受付時間:9:00-21:00(年中無休)

フォームから問い合わせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です